江東区・黄昏る 更地の彼方の連絡橋

スポンサーリンク

今回は東京都江東区有明一丁目地区、黄昏時の風景です。撮影は2018年(平成30年)3月、この頃の有明一丁目地区は南側にタワーマンション等が建つ一方で広範囲がまだ更地か再開発工事中でした。まだ建造物の無い黄昏の更地の彼方には東京湾岸エリアの街の灯が輝いて見えていた頃です。


黄昏る   更地の彼方の連絡橋

残照のレインボーブリッジ

残照の空にライトアップされたレインボーブリッジ(東京港連絡橋)の姿。手前はフェンスに囲まれた有明一丁目再開発地区の更地です。レインボーブリッジの後方には東京湾対岸の港区沿岸部の高層ビル群が見えます。


有明一丁目より   更地の彼方の湾岸残照眺望

夕暮れの更地

少し視野を広げた空き地の風景。東京湾岸エリア残照の空、彼方の高層ビル群のシルエットにも灯が入ります。


有明一丁目より   芝浦黄昏眺望

残照の芝浦方面

オレンジ色の空に聳える高層ビル群。前写真の中央あたり、東京湾対岸の港区海岸、芝浦地区の遠望です。


黄昏る   東京港に瞬く夕星

日没直後のレインボーブリッジ

日没後、次第に夜へと移ろう周囲の風景。丁度レインボーブリッジ中央の上空に金星が瞬いています。


有明一丁目より   黄昏の空に芝浦の灯

日没直後の芝浦方面

再開発用地の彼方に見える東京港対岸の港区海岸、芝浦方面の高層ビル群の夕景。


有明の更地の彼方   夜の帳に煌めく湾岸

更地と湾岸夜景

残照は薄れ、あたりはすっかり暗くなった頃合い、夜の更地の彼方に東京湾岸エリアの灯が一層輝きを増して見えます。


有明の更地の先の高架線   夜の列車の赤ランプ

更地の夜景

前の写真から少し右に振った風景。右側の高架線はゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)、列車の赤いテールランプが夜の高架線を去って行きます。高架線の延びる先は東雲運河の対岸、豊洲六丁目地区。フェンスに囲まれた暗い更地の先の暗がりに横たわる大きな建造物はその豊洲六丁目地区、未開業だった頃の豊洲市場の施設(水産卸売場棟)です。その先の夜空に聳える頂部に青いライトが灯る高層ビル群は更に晴海運河の北岸、中央区晴海三丁目地区のタワーマンション群、左端の煙突は晴海五丁目地区の中央清掃工場です。


有明一丁目   駅前路上の夜光景観

レインボーブリッジの夜景遠望

この地区の最寄駅はゆりかもめ「有明テニスの森駅」、ここはその駅前交差点です。まだあまり人通りも多くはない再開発中の駅前風景の彼方に静かに煌めく湾岸の灯。


関連記事

夕照の有明テニスの森駅江東区・有明テニスの森駅前黄昏風景

2018年2~3月撮影。

 


夕照の東京湾岸エリア江東区・嗚呼夕陽は東京港に 有明一丁目夕照眺望

2018年3月撮影。

 


旧防波堤とレインボーブリッジの夜景江東区・有明の彼方に煌めく湾岸の夜

2018年3月撮影。

 


今回撮影した江東区有明一丁目地区、最寄駅は前述の通り東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「有明テニスの森駅」です。その他の周辺駅からですと北側のゆりかもめ「市場前駅」から有明北橋を渡って徒歩約7~8分、南側の東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」(ゆりかもめ有明駅と接続)からも約7~8分ほどです。また御参考までに東京メトロ有楽町線「豊洲駅」(ゆりかもめ線と接続)から徒歩ですと約25分、都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」から中央区勝どき地区、晴海地区を経て晴海大橋あるいは豊洲大橋を渡り江東区豊洲六丁目地区から有明北橋を渡っておおよそ30分ほど、といったところです。豊洲駅や勝どき駅は近いというほどではありませんが、長歩きも厭わないという方は是非どうぞ。


 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加