新宿区・中井駅 夕陽に映える鉄路の光景

スポンサーリンク

今回は東京都新宿区、西武新宿線中井駅、2009年(平成21年)9月および2011年9月に撮影した夕日の時刻の鉄道情景です。撮影した頃は駅改良前で上下線ホームを連絡する跨線橋がありました。


中井駅   金属質的鉄道光景

西日に輝く線路と電車

西日の時刻の中井駅、今はなき跨線橋上から眺めた眼下の線路。色彩が失われるほどの強烈な西日にレールと停車中の電車がメタリックな輝きを放っています。(2011年9月)


中井駅   夕陽のプラットホーム

西日の中井駅ホーム

中井駅下り線ホームにて、夕日の時刻の情景。所沢、本川越方面行きのホームに帰宅する人々が増える頃合いです。この駅は上下線の間に上下線共用の通過線を配した構造になっています。(2011年9月)


中井駅   西日の中の到着列車

西日の中の電車

西日の中を上り線ホームに高田馬場、西武新宿方面行き列車が到着しました。車体側面のドアの数、窓の配置からすると今はなき3000系電車(2014年引退)かと思われます。(2011年9月)


赤い夕陽のプラットホーム寸景

西日に染まる電車

赤い夕陽に照らされて下り線ホームに到着する新101・301系本川越行き各停列車。丁度前述の今はなき跨線橋の真下付近の少し暗くなったあたりです。写真の新101・301系電車もこの少し後には新宿線を去っていった電車です。(2009年9月)


夕空に聳える門型鉄塔

夕空と門型鉄塔

再び前述の跨線橋上からの眺めです。夕空と線路上に連なる、これもまた今はなき大きな門型鉄塔(ガントリー鉄塔)の列。昔は西武新宿線の他にも私鉄の線路上にこうした門型鉄塔を建てて電力会社の送電線を通している風景がよくありました。西武新宿線上の門型鉄塔の送電線はこの中井駅の二つ西方の「沼袋駅」(中野区)付近から中井駅の東隣「下落合駅」(新宿区)付近まで続いていたようです。詳細な時期は存じませんがこの撮影からしばらく後にはすでに撤去されていたようです。(2009年9月)


関連記事

椎名町駅前の踏切夕景豊島区・椎名町駅前寸景 夕方の踏切にて

関連記事:西武線の風景

 


今回の中井駅、西武新宿線の他に都営地下鉄大江戸線の同名駅が至近にあります。また、東京メトロ東西線「落合駅」から中井駅まで山手通りを北上して徒歩約7~8分です。


 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加