新宿区・一寸昔のゴールデン街 夜歩き寸景

スポンサーリンク

今回は東京都新宿区歌舞伎町一丁目の新宿ゴールデン街、一寸昔の路上夜景です。撮影は2010年(平成22年)、近年は外国人観光客が押し掛けすっかりかつての雰囲気と変わってしまったようですが撮影した2010年頃はまだ外国人観光客も少なく、その夜の路地は少々寂れた感に味わいがあったものでした。(ちなみに2010年の年間訪日外国人観光客数約861万人→2019年には約3188万人、明らかにオーバーツーリズム感。参考までにバブル期80年代後半で年間200万人台、バブル崩壊直前の90年で324万人)


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の一

新宿ゴールデン街の路上夜景

新宿ゴールデン街、夜の路上。ゴールデン街は歌舞伎町一丁目地区内でも新宿駅から離れた位置にあり、この写真の頃は歌舞伎町内でありながら喧騒感薄く、常連客とおぼしき人々や野良猫(画面中央右下)が行き交う夜の路地、「恐さ」とか「危険」を感じることはまずありませんでした。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の二

路地に掲げられた沢山の看板

狭い路地に無数の看板。常連客は目を瞑っていても目当ての店に辿り着ける、と聞いたことがありますが本当かどうかは知りません。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の三

昭和テイストのポスター

店先に掲げられた昭和テイストのポスター。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の四

ゴールデン街の狭い路地

建物と建物の間の狭い路地。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の五

路地の先の人影

狭い路地の先に人影。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の六

ゴールデン街の暗い路地

暗い路地の先の灯り。自分で写真を見た時、一瞬路地の奥の小さな祠かと思いましたが違いました。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の七

路地の建物

狭い路地の夜空。無数の看板の灯りと複雑に張り巡らされた電線が昭和テイスト。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の八

壁に描かれた人物画

壁に描かれた人物画。往年のゴールデン街に夜な夜な集った人々のイメージでしょうか。


一寸昔のゴールデン街   夜歩き寸景   其の九

店の入口の階段と奥の灯り

建物の入口。狭い階段の奥の灯り。壁には沢山のポスター。誘われるようです。


 

スポンサーリンク