練馬区・西武新宿線 武蔵関駅前
石神井橋梁鉄道風景



今回は東京都練馬区、西武新宿線武蔵関駅のすぐ西側に架かる西武新宿線「石神井橋梁」付近での鉄道風景です。石神井橋梁は「石神井川」に架かっており、その西側には撮影ポイントとして知られる石神井川と西武新宿線が平行する区間が続いています。


西武新宿線   石神井橋梁

石神井橋梁を走行中の西武30000系電車

西武新宿線武蔵関~東伏見間、武蔵関駅を出発した30000系各停列車が西へ向かいます。武蔵関駅を出た列車がすぐにさしかかる「石神井橋梁」。一見橋には見えませんが線路の下は「石神井川」の流路になっているのです。石神井橋梁上は踏切(武蔵関1号踏切)になっています。橋の上が踏切になっているのは一寸珍しいのでは?全国的にどうなのかは存じませんが。また一般的に橋梁名は「○○川橋梁」となっていることが多いのですがここは「石神井川橋梁」ではなく「石神井橋梁」、名称の付け方も一寸珍しい橋です。(「川」の字の書き忘れ?いや、まさか)


西武新宿線   石神井川との平行区間

石神井川沿いを走る西武2000系電車

石神井橋梁付近から東伏見方向(西方向)を見た景色。線路の南側に川が見えます。これが石神井川、ここから西へ約400m程の区間、西武新宿線は石神井川沿いを走ります。ところで東伏見方向からやって来たのは2000系回送列車、上石神井(武蔵関の東隣駅)の車両基地に向かうところでしょうか。


石神井橋梁上   武蔵関 1号踏切   其の一

武蔵関1号踏切を南側から見た風景

石神井橋梁上の風景、線路の南側より武蔵関1号踏切(人道踏切)。ここから見ると最早橋なのかどうか判りません。踏切を渡っていても「橋」という気がしませんね。石神井橋梁上は中央に当踏切、その左右は川の上にコンクリで蓋をしたところを駐輪場(東伏見側は線路南側のみ、武蔵関駅側は線路の南北)にしています。そう、橋というよりコンクリの蓋の様な。


石神井橋梁上   武蔵関 1号踏切   其の二

武蔵関1号踏切にさしかかる西武20000系電車

で、撮り鉄。東伏見方向より踏切にさしかかる20000系。


石神井橋梁と石神井川   其の一

石神井橋梁を南側から見た風景

踏切西側の石神井川沿いから見た石神井橋梁。上がった遮断棒が見えるところが武蔵関1号踏切です。石神井川の流路が踏切の下に向いているのがお分かり頂けるかと。石神井橋梁は見たところやはりコンクリート橋ですね。右端の張り出したコンクリ蓋の上が踏切脇の駐輪場。


石神井橋梁と石神井川   其の二

石神井橋梁を通過する西武6000系電車

石神井橋梁を通過する6000系(後ろ面)。フェンスが電車のスカート・足まわりに被ります。撮影の御参考までに。


石神井橋梁付近眺望

石神井橋梁付近を走行する西武2000系電車

線路北側の坂より武蔵関駅方向。この角度から見ると石神井川の流路と線路の位置関係が判りやすいかと。線路の南側を流れてきた石神井川が踏切の下を潜って線路(武蔵関駅)の北側に出るわけです。で、写真は石神井橋梁付近を走行する2000系(初期型)。良い電車ですね。


睦橋歩道橋と武蔵関駅

睦橋歩道橋と武蔵関駅

石神井川の流路が線路の北側に変わったあたり。武蔵関駅の北側になります。フェンスで囲われたところが石神井川、川を渡る橋は睦橋歩道橋といいます。武蔵関駅北口への近道です。


睦橋歩道橋より石神井川と石神井橋梁

睦橋歩道橋から見た石神井川と石神井橋梁

睦橋歩道橋より石神井川・石神井橋梁方向、西陽の情景。石神井橋梁を渡る20000系。


関連記事:西武新宿線   武蔵関~東伏見

西武新宿線武蔵関~東伏見間の風景練馬区・西武新宿線 武蔵関~東伏見 石神井川鉄道風景