千代田区・市ケ谷駅ホーム構造物観賞
線路とホームのアーチ支柱



都心部を走るJR中央線は古くからの路線だけあって古き良きデザインの構造物が線路際随所によく残っていますね。東京都千代田区、外濠に沿うJR市ケ谷駅(中央総武緩行線)構内にも古風なコンクリートアーチ支柱が見られます。ホーム上を駅跨線橋と外濠に架かる市ヶ谷橋が跨いでおりまして、線路上とホーム上にそれぞれアーチ支柱があるわけです。今回はそのアーチ支柱の観賞、撮影は2020年3月、ホームドア設置前の頃です。


市ケ谷駅跨線橋下   アーチ支柱の構造美

市ケ谷駅のホーム風景

JR市ケ谷駅、四ツ谷・新宿方面行きホームより四ツ谷方向。市ケ谷駅跨線橋下の連続アーチのコンクリート製支柱の構造美。四ツ谷方面から東京行き中央線電車がやって来たところ。ホームから見ているとやがてアーチ支柱の背後を駆け抜けて行くわけです。


市ケ谷駅アーチ支柱観賞

市ケ谷駅のホーム風景

市ヶ谷橋と市ケ谷駅跨線橋は駅ホームのやや四ツ谷寄りを跨いでおり、アーチ状支柱は線路上(駅跨線橋)とホーム上(市ヶ谷橋)の2か所となっております。写真の跨線橋支柱は丁度市ケ谷駅に発着する総武線各駅停車の線路と市ケ谷駅を通過する中央線快速が走る急行線の間にあります。上の構造物による影と射し込む陽光が織り成す明暗が良き雰囲気を醸しておりますかと。


ホーム上のアーチ支柱

市ケ谷駅のホーム風景

市ケ谷駅ホーム上の市ヶ谷橋アーチ支柱。良い雰囲気です。


市ケ谷駅の構造が一寸わかる構図

市ケ谷駅のホーム風景

支柱が支える上部に市ケ谷駅の構造物が載っているのがわかる角度。その下を通過する特急型のE353系。土手の壁面にもアーチデザインが。


壁面のアーチデザイン

市ケ谷駅のホーム風景

跨線橋アーチ支柱のやや四ツ谷寄りの壁面のコンクリート製アーチデザイン。こちらは古い石垣の補強の為でしょうか、先述のアーチ支柱より割と新しいよう。コンクリートアーチの上部は作業足場・通路になっているようです。


市ケ谷駅構内の景観   市ヶ谷濠の輝く水面   

市ケ谷駅のホーム風景

飯田橋・秋葉原方面行きホームより。市ヶ谷橋の濠側支柱はアーチ型ではなくコンクリの壁状。向こうに見える水面は外濠のうちの市ヶ谷濠。


市ケ谷駅構内の景観   濠端の総武線電車   

市ケ谷駅のホーム風景

総武線電車と市ヶ谷橋の濠側支柱、そして橋の向こうの水景。アーチ型ではないですが市ケ谷駅ならではの景観。ちなみに奥に見える濠は新見附濠。


市ケ谷駅構内の景観   市ヶ谷濠と市ヶ谷橋と総武線電車

市ケ谷駅のホーム風景

市ケ谷駅ホームから見た市ヶ谷橋。濠の部分は石垣造り。こちらも良い景観美かと。


関連記事:JR市ケ谷駅の風景

市ケ谷駅の景観千代田区・市ケ谷駅 水辺のプラットホーム

 

 


JR市ケ谷駅ホームと市ヶ谷濠の夕景千代田区・市ケ谷駅 黄昏寸景

 

 


新見附橋から見た市ケ谷駅千代田区・市ケ谷駅 路上観賞